子どもの歯並びは自然に治る?経過観察してよい歯並びと、注意が必要な歯並びの違い

   

矢口渡・池上・武蔵新田の、のびのび歯科・矯正歯科

お子様の歯並びが気になる親御さんは多いかと思います。

矢口渡、武蔵新田、池上エリアにお住まいの皆様に向けて、今回は「小児矯正」の重要性と、経過観察してよい歯並びと注意が必要な歯並びの違いについてお話しします。

 

経過観察してよい歯並び

乳歯列の隙間

矢口渡・池上・武蔵新田の、のびのび歯科・矯正歯科

乳歯が生え揃う時期に、歯と歯の間に隙間がある場合、これは永久歯が生えるためのスペースを確保するために必要です。
このような隙間がある場合は、成長とともに自然に歯並びが整うことが多いです。

 

正常な噛み合わせ

乳歯列の時に出っ歯や受け口になっていない場合、正常な噛み合わせが保たれていると考えられます。
この場合も、経過観察で問題がないことが多いです。

 

注意が必要な歯並び

隙間のない乳歯列

乳歯がきっちりと詰まっている場合、永久歯が生えてくるスペースが不足する可能性があります。
隙間のない歯並びは、矯正治療が必要になることが多いです。

 

出っ歯(オーバーバイト)

上の歯が前に出過ぎている場合、オーバーバイトの状態です。
これは噛み合わせの問題があるため、早期の矯正治療が必要です。

 

受け口(アンダーバイト)

下の歯が前に出ている場合、受け口の状態です。
アンダーバイトは正常な噛み合わせを妨げるため、早期の治療が推奨されます。

 

口呼吸による影響

矢口渡・池上・武蔵新田の、のびのび歯科・矯正歯科

口呼吸の習慣がある場合、歯並びや顎の発達に悪影響を及ぼすことがあります。
適切な矯正治療で、正常な呼吸と歯並びを確保することが大切です。

 

小児矯正の必要性

矢口渡、武蔵新田、池上エリアの皆様にお伝えしたいのは、小児矯正治療の早期開始が将来の大掛かりな治療を防ぐ鍵であるということです。
お子様の歯並びや噛み合わせの問題は、成長期の間に適切に対応することで、効果的に改善することができます。

 

当院での小児矯正治療

矢口渡・池上・武蔵新田の、のびのび歯科・矯正歯科

当院では、矢口渡、武蔵新田、池上エリアの皆様に最新の矯正治療を提供しています。
専門的なカウンセリングを通じて、お子様一人ひとりに最適な治療計画を立て、安心して治療を受けていただける環境を整えています。


お子様の歯並びに関するご相談や診察をご希望の方は、お気軽に当院までお問い合わせください。
矢口渡、武蔵新田、池上エリアの皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 



のびのび歯科・矯正歯科 :https://nobinobishika.com/

〒146-0095 東京都大田区多摩川1-33-24
電話:03-6715-2677

交通アクセス
電車でお越しの方:
東急電鉄東急多摩川線矢口渡 駅より徒歩3分

PAGE TOP