乳歯から永久歯への移行期の注意点:矢口渡・池上・蓮沼・武蔵新田・蒲田の歯医者さん

   

矢口渡、池上、蓮沼、武蔵新田、蒲田の歯医者、のびのび歯科・矯正歯科

乳歯から永久歯への移行期は、子どもの口腔ケアにおいて重要な時期です。特に、小児歯科の専門的なケアが求められます。

 

乳歯の抜け替わりの時期や症状

矢口渡、池上、蓮沼、武蔵新田、蒲田の歯医者、のびのび歯科・矯正歯科

乳歯は一般的に6歳頃から12歳頃までに抜け替わります。
この時期には歯の揺れ、歯ぐきの腫れや痛み、一時的なスペースが見られることがあります。

のびのび歯科・矯正歯科では、矢口渡、池上、蓮沼、武蔵新田、蒲田エリアのご家族に対して、この移行期に特別な注意を払うことを推奨しています。

 

永久歯が生え始める際のケア方法

矢口渡、池上、蓮沼、武蔵新田、蒲田の歯医者、のびのび歯科・矯正歯科

正しいブラッシング
永久歯が生え始めたら、毎日のブラッシングが重要です。特に歯ぐきのマッサージを含めて丁寧に行いましょう。小児歯科で推奨される柔らかめの歯ブラシを使用すると良いでしょう。

フロスの使用
歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなるため、フロスを使って清潔を保つことが重要です。
特に小児矯正を行っている場合は、矯正器具の周りに食べ物が詰まりやすいので、注意が必要です。

定期的な歯科検診
定期的な歯科検診を受けることで、歯の成長や健康状態をチェックし、必要なケアを受けることができます。
のびのび歯科・矯正歯科の小児歯科では、マウスピース矯正や成長発育矯正など、子どもの成長に合わせた治療を提供しています。

適切な食事
栄養バランスの良い食事を心掛け、特にカルシウムを多く含む食品を摂ることで、歯の健康をサポートします。
糖分の多い食品や飲み物は虫歯の原因になるため、控えることが望ましいです。

フッ素の使用
フッ素入りの歯磨き粉やフッ素塗布を利用して、歯を強く保ちましょう。
フッ素は歯のエナメル質を強化し、虫歯を予防する効果があります。

 

注意点

歯並びのチェック
乳歯から永久歯に移行する際に、歯並びが乱れることがあります。この時期に矯正歯科でのチェックを受けることで、早期に問題を発見し、適切な治療を開始できます。

歯の色の変化
永久歯が生え始めると、一部の歯が黄色っぽく見えることがあります。これは通常であり、特に心配する必要はありませんが、定期検診で確認することが重要です。

咬合の問題
乳歯から永久歯への移行期には、咬み合わせの問題が生じることがあります。この場合、矯正歯科での適切な診断と治療が必要です。

 

のびのび歯科・矯正歯科は、矢口渡、池上、蓮沼、武蔵新田、蒲田エリアの皆様に質の高い小児歯科、小児矯正、矯正歯科サービスを提供しています。
お子様の健康な歯の成長をサポートするために、ぜひご利用ください。



のびのび歯科・矯正歯科 :https://nobinobishika.com/

〒146-0095 東京都大田区多摩川1-33-24
電話:03-6715-2677

交通アクセス
電車でお越しの方:
東急電鉄東急多摩川線矢口渡 駅より徒歩3分

PAGE TOP